「帝王切開は自然分娩より楽でいいよね」の言葉で傷付いた人へ

新しい家族 本棚

どうもダルマです。

私は帝王切開で子どもたちを産んでいます。

もちろん「おめでとう」という言葉もたくさん頂きました。

でも、

「陣痛の苦しみを味わってないなんて幸せだね」

「麻酔きいてるんだから、楽でいいよね」

と言われたこともまた事実。言ってる方に悪気はないのもわかってる。

だけど・・・引っかかる。

当時この本があれば良かった・・・と思う本に出会いました。

ダルマ
ダルマ

じゃーいっくよ!

どうしてちゃんと産めなかったの?

多胎妊娠で、下の子が逆子で危険なため母子の安全のためにも

帝王切開という選択でしたが、

自分自身、”ちゃんと”産んであげられなくてごめんね。と思ってました。

”ちゃんと産む”=自然分娩と思っていたのです。

今なら、安全に元気に産むためにこれでよかった・・・と思っていますが

当時は産後でメンタル超絶不安定だったため

何か子どもたちの様子がおかしいと、帝王切開のせい?と自分を責めてました

術後自然分娩の人と同室だったので、回復の違いにも焦りました。

母になったのに、母親らしいことが全然出来ない。

お産の仕方よりも大切なこと

今でこそ産み方の違いでしかないのは、分かっていますが

当時はやっぱり、辛かったです。

でも、無事世の中に誕生してくれればそれでいいと思うんです。

だって自然分娩であろうと、帝王切開だろうと元気に産まれてきてほしい

という願いは一緒ですよね?

手段の違いであって、優劣をつけるものではないのです。

自分自身を許してあげよう

帝王切開で産んだ自分を責め

初めての育児もうまくいかず

体も寝不足により悲鳴を上げ

それでも頑張るママさん。

まずは、一回力を抜きましょう。

何かと戦っている気持ちになってませんか?

戦わなくても、大丈夫。

自分の全部を肯定はなかなか出来ません。

まずは、帝王切開したことを責めないで。

自分を許してあげましょう。

心に寄り添ってくれる本がおすすめ

最近出版された帝王切開で出産したママに贈る30のエールという本。

昔の自分のことのように思えて、読みながら涙( ;∀;)・・・。

みんな戦ってるのね。

自然分娩も帝王切開も出産は命がけです。私は自己血で輸血も経験しました。

誰一人として同じお産はないです。

その本の一節で素敵な文章があるので、少しだけ。

お母さんになったんだからしっかりしなきゃって思ったよね。

でもね、そんな必要ないんです。

だって、お母さん一日目だもん。

帝王切開で出産したママに贈る30のエールより

現在進行形でしっかりしなきゃとは思いますが、

まだお母さん歴12年。これからも楽しいこと、辛いこと

親子で乗り越えなくてはならない壁は来るでしょう。

一つ一つに向き合って、成長していこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では。

応援ぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました