オーブンを使って簡単なドライトマト作り。夏を美味しく乗り切る!

ドライトマトの作り方 毎日の料理

夏、トマトが美味しい季節がやってきました。

一昨年から始めたドライトマト作り。

簡単なのに、うまみが凝縮されて我が家の夏の定番になってきました。

プチトマト・サンマルツァーノ(細長いトマト)の2種類で作ってます。

今年はまだトマトが出来ていないので、ドライトマトはじめはスーパーのプチトマトでスタート!

今回は1パックで作ったけど、小さくなるので2パックでもOK。

アレンジ広がるから、夏の定番に入れてほしい( *´艸`)

ドライトマトの作り方(オイル漬け)

下準備

・オーブンは150℃に予熱しておく

・天板にオーブンシートを敷いておく

材料

・トマト(プチトマト・普通のトマト)・・・・好きなだけ

・塩・・・・適量

・ニンニク・・・・1片(好きなだけ)

・バジルか大葉・・・好きなだけ

・オリーブオイル・・・・適量

作り方(プチトマトの場合)

①プチトマトを半分に切る

ここでの注意点は種が見えるように切ると良いです。

種のゼリー状の部分を乾燥させたいので、出るように切ります。(出なくても大丈夫)

②切ったプチトマトに塩をふる

①のプチトマトを天板に種側を上に向けて並べ、塩を適量ふります。

そのまま30分くらい放置して、水分を出す。

水分が出たら、キッチンペーパーで軽くふき取る。

③オーブンで焼く

1時間後はセミドライ。これも美味しい。

焼く時間は、セミドライくらいがお好みなら1時間くらいでOK

セミドライより、ドライトマト目指すなら1時間半焼くのがいいです。

さらに縮みます!旨味もぎゅっ!

各家庭のオーブンの癖があるので、トマトを見ながら時間を調整してください。

30分毎に見てみて、水分が出ていたらキッチンペーパーでふき取る。この手間が大事です。

④焼けたら、オイルに漬ける

※瓶はアルコールなどで拭いておく・もしくは煮沸しておく。

うちはジャムの空き瓶💛

瓶に③を入れて、大葉・包丁でつぶしたニンニクも入れて(香りづけ)オリーブオイルをひたひたになるくらい入れて完成!

一週間くらいで食べきってください。(要冷蔵)

オイルも料理に使えます!

しわしわ( ´∀` )だけど、オイルで潤う💛

作り方(普通のトマトの場合)

・下準備はプチトマト同様です。

・材料もトマトが大きくなるだけで、他一緒です。

違いは、焼く時間と湯剥きをするか・しないかなんですが、

皮が気になるようであれば湯剥き、気にならないようであればしなくてもOK。

今回は一箱390円のミディトマト

①トマトを切る(普通のトマト)

大体4等分くらいでしょうか。(ミディトマトなので2等分)

せっかくの大きさなので、セミドライがジューシーでおすすめです。

②切ったトマトに塩をふる(普通のトマト)

プチトマト同様です。

③オーブンで焼く

オススメの焼き具合はセミドライなんですが、

大きい分時間がかかります。

まずは1時間焼いて、水分をふきつつ好みの焼き上がりを目指して焼いていきます。

1時間経過少し縮ました。
2時間経過さらに縮む
3時間経過ここでやめます

3時間はかかると思った方が無難なので、時間のある時にするのがオススメ✨

④焼けたら、オイルに漬ける

プチトマト同様です。

まとめ

ポイントは3つ!

・トマトは最初に塩をふり、水分を出す。

・オーブンで焼きつつ、水分をふきとる。

・じっくり水分飛ばす。

アレンジもいろいろ出来ます。

・トーストしたパンにのせる

・パスタにも、ピザの具にも

・炊き込みご飯(ピラフっぽいやつ)

・アクアパッツァ(魚のイタリアン煮込み)

・オムレツの中に入れる

・クリームチーズと一緒におつまみに

セミドライのトマトを、ピザの具にすると・・・それはもう。なんとも言えないおいしさ!(´ー`)

一回食べればわかる・・・。

子どもたちも、朝ごはんの時トーストにのせて食べてます。

左からトーストにのせる・パスタソース・目玉焼き・ホットサンド

暑い夏を、少しでも美味しく過ごしたい!(ただの食いしん坊)

いつもの料理がグレードアップするので、試してみてください♪

では。

応援ぽちっとお願いします。

だるまさんの転ばない家計 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました