砂糖の代用は【もち甘酒】で!出来るところから始める砂糖断ち

もち 甘酒料理
スポンサーリンク

甘いものとコーヒー、幸せですよね。

おやつの時間、大好きです。

好きだからお菓子を作る仕事についてたのもまた事実。

でもね。

気付いてしまったんですよ、白砂糖はなかなかのマイルドドラッグってことに。確かにお菓子屋さんで働いてた時、体壊しがちでしたもん。思えばあの頃アレルギー性鼻炎が悪化していったな・・・。 うの@uno44648785です。

白砂糖については次回まとめることにして、砂糖が悪いってわかっても、それでもやっぱり甘いもの食べたい!!そこですよね。

砂糖を使わずに、甘い・・・・。さて、どうしたものか・・・・?そうだ!日本には昔から甘酒ってものがあるじゃないか!

そんな不純?煩悩だらけ?な動機で甘酒を作るようになりました。

砂糖代わりだから、お粥ではなく、もちを使ってさらに甘く!お正月のおもち、残ってませんか?甘酒にしちゃいましょう!

スポンサーリンク

甘酒はなぜ甘くなる?

糀に含まれている酵素アミラーゼは、デンプンをハサミで切るように分解して、ブドウ糖を生成します。

そしてご飯ともちのデンプンには、アミロースとアミロペクチンという成分が存在しています。二つの構造の違いが味の差を生んでいくんですよ~。面白いですよね。

さらーっとした理解で充分です。

アミロースは紐みたいな形で、見た目が複雑ではないんです。

わかりやすく言うと、一本のひも。

アミロペクチンは、紐みたいなんだけど迷路のように枝分かれして、複雑な感じです。

イメージは編み物。複雑に絡まってますね。

もち甘酒が普通の甘酒より甘い理由はデンプンの違い

普通のご飯のデンプンは、ご飯に含まれる全デンプンの15~25%アミロース、残りのデンプンの75~85%アミロペクチンが含まれています。

一方、もち米はデンプンの成分がほぼ全部アミロペクチン

アミロースとアミロペクチン毛糸でイメージすると、アミロペクチンの方が編まれているだけ複雑になり、アミラーゼが分解する量が増えます。つまり、アミラーゼが分解していく数の多さ=甘味が強くなるわけです。

実際食べると、普通の甘酒を飲むと「甘~い・・・。(なんかホッとする感じ)」に対して、もち甘酒は口に入れると「あっま!」と言葉で自然と出るくらい違います。

もち甘酒作りは、ヨーグルトメーカーにお任せ!

今では二週間に一回くらいの頻度で作る甘酒。めんどくさいと感じるようでは続きません。

瓶いっぱいに出来るくらいの材料は、もち4個(普通の切りもち)、小さな片手鍋、もちがひたひた被るくらいの水、糀(200gくらいかな?)それだけ。

いろいろな作り方を見て、自分が一番簡単と思えるやり方でやるのが一番。じゃないと、やめちゃいますからね。

糀を入れるときに温度計は必要です。発酵はヨーグルトメーカーにお任せで作ってます。

甘酒の作り方

①もちをそのまま鍋に入れ、ひたひたになるくらいより少し多めの水を入れ、弱火でドロドロ(液状)になるまで煮る。

切ることもせず、そのまま。
のりのようにドロドロにする。

55~60℃になるまで冷ましたら、ばらした糀を入れて混ぜる。(糀の量は全体に良い感じで適当に、大体200g入れてます)

③ヨーグルトメーカー付属の容器に入れ、57℃で11時間(糀が居心地いい温度で元気よく活動してもらうため)にセットし、たまに容器を振って混ぜる。完成までに三回くらい振ってます。

④煮沸消毒した瓶に入れて、完成!冷蔵庫で保存。

あまーい甘酒の完成!

甘酒を砂糖の代用として使うなら

砂糖の二倍甘酒を使う

そのまま食べるとかなり甘いと感じる、もち甘酒。

だけど、料理に使うと「え、全然甘くない!?」と感じます。

普段使ってる砂糖ってどんだけだったんだ!って知る瞬間でもあります。

答えは簡単で、今まで使ってた砂糖の二倍甘酒を入れてみてください。足りなければ、また都度調整しながら。

糀の米粒が気になる時は、フードプロセッサーへ

私はそのまま使ってますが、いかにも甘酒!って米粒が気になる方はフードプロセッサーでなめらかにすると気になりません。

まとめ

甘酒を砂糖代わりにするようになったからといって、家に砂糖がないわけではありません。

でも、使う砂糖が変わってきてます。裏を見て少しでも栄養のあるものを買ってます。

思ってるより成分って違うもの。こうやって見ると、上白糖はただの甘いもの。

すべてを良い品質のものにしたり、取り寄せたりともなるとそれなりにお金もかかります。

こうであらねばならぬ!よりも、いつもの生活で出来る事をして、小さな積み重ねで体に良いものを取り入れる。こんなスタンスでも体調はだいぶ変化しました。

特に生理前は、顕著に出ますね。

甘いものがすごく食べたくなったりしてたり、イライラしやすかったのが、激減。

砂糖を甘酒で代用する機会を増やす生活。残ってるもちがあるなら、チャレンジしてみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました