【ホームベーカリーで簡単パン作り!】ガトーショコラ風プチパンの作り方

パン作り

どうもダルマです。

突然ですが、

☑ガトーショコラが好き

☑プチパン好き

☑ホームべーカリー買ったはいいけど眠らせてる(活躍してるも含む)

3つのうち1つでも当てはまったらおすすめ!なパンです。(自己流!)

濃厚でおいしかったよー(´∀`)

ホームベーカリーの便利さはこちら↓

奥がレーズン・手前がチョコチップ入り

じゃーいっくよー!

材料(12個分)

・強力粉・・・・230g(もっとカカオ感が好みの方は225g)

・ココアパウダー・・・・20g(もっとカカオ感が好みの方は25g)

・牛乳・・・・190g

・砂糖・・・・30g

・塩・・・・3g

・バター・・・・30g(マーガリン可)

・ドライイースト・・・・3g

・レーズン・・・・適量

・板チョコ(刻んでおく)・・・・2/3枚くらい(お好みで)

ココアパウダー・レーズンはよく使うので、いつも大容量のものを

購入しています。

作り方

1.レーズン・板チョコ以外の材料をホームベーカリーに入れて一次発酵までお任せ。

2.1を取り出してガス抜き

パン生地出来ました!取り出します(*‘∀‘)

ガス抜きって?

パン作りを行うとき、生地をこね上げた後などに必ず行う発酵。発酵では、イーストの活動によって炭酸ガスが発生します。
ガス抜きの工程で抜くのは、この炭酸ガス。

大きな気泡をつぶして、空気を抜く工程のことを「ガス抜き」と呼んでいるのです。

cotta columnより

このガス抜きをしないと、均一に膨らまなかったりするので

必ず行いましょう。

パスッ・プスゥーっとなんとも気の抜けた音

中心から外側に向かって手のひらで、押します。

プスゥー・パスゥーと気の抜けた返事をパンがしてくれます。パスッもあるよ。

3.ガス抜きした生地を丸めて、ベンチタイム15分

一つにまとめて表面が滑らかになったらベンチタイム。

写真撮り忘れてましたが、こんなイメージで。

ベンチタイムとは?

パン作りにおいて一次発酵の後に、ガスを抜き、丸めた生地を休ませること。ベンチタイムをとった後は生地がゆるんで成形しやすくなります。

cookpadより

ベンチタイムの時は、必ず乾燥しないように濡れふきんなどをかけてください。

(ガサガサな生地になったり、膨らまなくなったりするともったいない!)

4.生地を半分に分けて、レーズン・刻んだチョコを入れる。

これを四角に持ち上げる感じで、包む

肉まんか!( ´∀` )

5.4の生地を6等分にして、成形

分けた生地を丸める

饅頭のよう!

6.二次発酵~焼成

オーブンの発酵で30分くらい発酵させます。

発酵後にオーブンを180℃に予熱しておく。

発酵した生地に、薄力粉を茶こしなどでふる

なぜかって?見た目がいいから!(∩´∀`)∩

予熱したオーブンに入れ、12~15分くらい焼く

7.完成!

焼けました~。

ほわ~ん

ちぎってみると・・・。

もっとカカオ感ver。手の協力旦那。

濃くて、おいし~いパンになりました!

8.最後に

一次発酵まで行って、時間がない場合は

タッパーなどに入れて冷蔵庫へ入れておき、

時間のある時に続きを楽しんでみてください(^ω^)

自宅で楽しいパン時間、ハマります。

自分で作ったパンは感動も合わさって、とてもおいしいものです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では。

応援ぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました